何事も貪欲に取組む会社です。

人材を提供するだけではなく、人材を活用してどんなサービスが提供できるのか。そのアイデア次第で、新たな事業が生まれます。そこに大きな可能性があると強く感じています。

営業企画部門として、主に外資系企業のクライアントを担当しています。通常の人材サービス業の場合は、クライアントが決めた販売企画で売り場に必要な人数を、提示されたオーダーに対してコスト提示をする、という商いになるのですが、当社の場合は違います。クライアントの売上目標を達成するための販売企画を立案するところから入り、そこにどのくらいの人が必要なのか、どのようなオペレーションで運営してPDCAをまわしていくのかという、企画から販売現場、コンサルの領域まで、一括請負の提案で、案件獲得を行っています。

コンペにて自身の提案が選ばれる事です。コンペに至るまでの苦労が報われる瞬間で、非常に嬉しいです。また、販売の現場で接するお客さまのリアルな声にこそヒントがあると考えているので、当社のノウハウを生かした、現場のリアルな声に基づく課題の抽出・分析による企画提案は、クライアントから求められるものになっていることが多く、人材サービスならではの“現場感”の重要性に改めて気付く良い機会となっています。

携帯電話メーカーのクライアントの仕事で、機種のブランド認知の向上、また郊外の販売網の強化が課題となっていました。そこで、人が多く集まる郊外型ショッピングモールに独自ブースを構え、都会に行かなくても新機種が手に入る、という仕掛けを提案。結果として販売網の拡大、そして認知向上だけでなく、「親近感」というブランドイメージを醸成するに至り、大幅な売り上げ増・シェア拡大が実現しました。

ギターを弾くこと。大学生の頃からバンドでギターを担当していました。昔に比べて活動の頻度は減りましたが、たまにメンバーとスタジオに集まって演奏する時は最高に楽しいし、一人でギター練習をするのもリフレッシュになります。

就職活動は自分自身を見つめ直すいい機会でもあると思います。イメージ等で理想とする会社よりも、実際に足を運んで自分に合うと感じる会社を選ぶのが一番だと思います。頑張って下さい。