N.M

企画営業二部

2014年4月入社

試行錯誤を重ねながら
海外人材への
手厚いフォロー体制を構築

01 手厚いフォロー体制を実施する海外人材の採用支援サービス

私が所属する企画営業二部は、アジア圏を中心とした海外人材の採用支援サービスをご提供しています。ただ、現在はコロナ禍で海外人材の確保が難しいため、日本国内における外国人材の採用支援がメインです。

本来の業務は、海外での説明会実施・ビザの申請・日本での家探し・口座開設などのサポートを行います。さらに、外国人スタッフに対して日本での暮らしや就業内容についての研修も実施します。また、来日してから日本のビジネスルールに馴染めずに悩む外国人スタッフもいるため、就業後もこまめにフォローしていきます。仕事は山積みです。

現在のような手厚いフォロー体制が構築されたのは、以前、外国人スタッフたちが就業後まもなく一気に辞めてしまうという出来事があったからです。この苦い経験を教訓に、試行錯誤を重ねながらフォロー体制を強化していきました。当部署のクライアント様は、コロナ禍の前はホテルや空港がメインでしたが、現在は、飲食業界やいままで繋がりが無かったクライアントも多くなっています。

02 周囲の人たちの力を借りながら、壁を一つひとつ乗り越える

私は新卒で入社して7年目になりますが、入社当初から周囲のみなさんに助けていただくことが多かったように思います。この仕事は、基本的に壁にぶつかることばかり。ビザの申請が通らなかったり、税金や社会保険料等を外国人スタッフから「払いたくない!」と言われてしまったり、さまざまな問題が発生します。

今は自分の力で解決できることも増えましたが、当初は税金や社会保険料など各種制度の知識も乏しかったので、直属の上司はもちろん、部署の垣根を越えてたくさんの方に相談させていただきました。みなさんの力を借りながら、壁を一つひとつ乗り越えてきた感覚です。ヒトコムは社内全体の風通しがよく、とてもフラットな雰囲気です。距離感が近いので、気軽に相談ができます。特に、部署内では普段からうるさいくらい賑やかにやり取りをしています。

この距離感の近さは、入社したばかりの頃から感じていました。ヒトコムには「新卒を育てよう」という文化が根付いており、新卒一人ひとりにトレーナーのような形で先輩がついて、マンツーマンで親身に指導をしてくれます。不安なこともすぐに先輩に聞けますし、信頼関係が築きやすかったです。安心して働ける環境が整っていると感じます。

03 ロールモデルとなり、後輩に背中を見せていきたい

私は、営業職でもない、コーディネーターでもない、事務職でもないという、特殊なポジションで7年間働かせてもらいました。今後も専門的な知識やスキルをさらに磨き、今の自分に足りていない分野の知識も貪欲に吸収していき、ヒトコムの中で柔軟に働くことができれば考えています。

それから、昨年結婚して将来的には出産も考えているのですが、出産後もしっかりとキャリアを積み上げていきたいです。すでに、社内には産休後に育児をしながら働いている方々もいます。私も同様に、ロールモデルとなり、後輩に背中を見せていきたいと考えています。女性がヒトコムで長く活躍し続けるための環境整備に繋げていきたいです。

04 休日はソフトテニスで身体を動かしリフレッシュ

休日は、学生時代から続けているソフトテニスの練習や試合を楽しんでいます。身体を動かすことでリフレッシュできますし、ストレスをボールにぶつけられるのでいいですよ(笑)。密になりにくいスポーツでもあるので、十分な配慮をしながら、今後も楽しんでいきたいです。

05 就職活動を控える学生へのメッセージ

最近は、新型コロナの影響で会社説明会がオンラインでのWeb説明会に切り替わっているケースも多いのではないでしょうか。もちろんWeb説明会ならではの苦労もあるとは思いますが、個人的にはうらやましいなと感じています。

私が就職活動をしていた頃は、説明会の会場に出向くまでの移動時間が非常に長く、参加できる数にも限界がありました。しかし、Web説明会であれば移動不要でスケジュールも調整しやすいため、より気軽に多くの会社説明会に参加できると思うのです。つまり、より多くの情報を仕入れられるということです。ぜひその環境を生かして有益な情報をたくさん集めて、自分に合う会社を見つけてください。